▼ 用語解説・あらすじ▼

ここでは、物語に登場する用語を簡単に解説します。


 地下世界レベル『 E 』

  地上の再生を待つため、地下に建造された巨大な空間の1つ。
  今から数百年前、人類は争いによって地上を人の住めない環境に変えてしまった。
  残された人類は、地上の再生を管理システムと呼ばれるプログラムに任せ、
  いくつもの地下世界を作り、移り住んだ。

  そして今、地上の再生は完了し、地上への扉が開こうとしていた。



 FA(フライトアーマー)・セラフ・傭兵

  FAとは、ソリッド社が開発した人型空戦兵器。
  画期的な飛行能力と戦闘能力を有する一方で、乗り手を強く選ぶ。
  大きく分け、企業専属のパイロット「セラフ」と、フリーのFA乗り「傭兵」が存在する。

  企業は「セラフ」達の力によって、各々の勢力を拡大する。
  地上再生が完了目前となってなお、争いは耐えなかった。



 風巻教授

  風巻 空の祖父にして、FA工学・粒子工学の権威。
  5年前に、秘密裏に管理システムにアクセスし、地上へのゲートを開放した。

  しかし、地上は既に他の地下世界の人類によって再び争いの地となっていた・・・

  地上の姿をみて落胆した教授は地下世界に戻る・・・が、
  孫である風巻 空に、地上の世界を与えたい・・・その思いが、彼を歪めていった。


 制圧計画の1つ、インテンシファー

  教授は人工的にFA適正を引き上げる洗脳施術「インテンシファー計画」を実施。
  管理システムの医療機関に運ばれてきたセラフや傭兵に施し、私兵へと変えていった。

  第1号のインテンシファーミルドの妹であるリオンは、
  これをきっかけに、管理システムの非道を唱え、反管理システムの勢力を作る。
  そして、反管理システムのメンバー中には、孫である風巻 空の姿もあった。
 


 中枢事変

  理解を得る為に、教授リオン風巻 空の両者を管理システムの下へと招く、
  しかし、インテンシファー計画について、2人の理解を得ることはできなかった。

  教授は孫をたぶらかしたとしてリオンを殺害しようとする。
  だが、その凶弾からリオンを庇った、風巻 空を死亡させてしまう。
  教授風巻 空を蘇らせるため、孫をインテンシファーへと改造するしかなかった。




教授の元から逃げ出したリオンは、
自らの無力さに失望し、FAを降りる。

しかし、1年後・・・
リオンは友人の守不知火 葵から風巻 空の目撃情報を聞き、
再び真相に迫るために、FAに乗ることを決意した。